お金を借りるためにしっておきたい7つの項目

いますぐお金を借りたいと焦るとどうしても見落としがちになる借入時の注意点について以下にまとめています。これからお金の借入をお考えの方の参考になれば嬉しいです。

目次

  1. 金融会社ごとの金利差に気をつける!
  2. まずは少ない金額の借入からスタート
  3. いくら借りていくら返すのかの事前シミュレーション
  4. 出来る限り一括や繰り上げ返済を考える
  5. 大きなローンの審査時に影響が出るかも
  6. お金の借りるところはしっかりと調べる
  7. 返済を意識してお金を借りる

1.金融会社ごとの金利差に気をつける!

「年利」に気をつけるという事です。 何を当然の事をとお思いになるかもしれませんが、 この重要性を意外にわかってない方が多いです。 Aの会社から借りると年利が16パーセント、 Bの会社から借りると年利が14パーセント、 この条件は天と地ほどに違うのですが、 「どっちも大して変わりが無い」 こう判断される方が意外に多いのです。 基本的に会社から借りる場合単利ではなく複利で借りることになるので、 利子にも利子がつく形になります。 その場合1パーセントの差が非常に大きいのです。 これは絶対に気をつけるべき点だと言えるでしょう。

2.まずは少ない金額の借入からスタート

色々とお金を借りれる業者はありますが、昔とは異なり健全な業者が増えてきているとは聞きます。 それでも問題がおこならないとは限りません。 簡単にお金が借りれる時代になってきているので、注意しないといけない部分は結構あると思います。 だからこそ私はどうしても必要という時は最低限の金額だけ借りるようにしています。 まだお金を借りた事がなくこれからというのであればなおさら一度少ない金額で借入れて、返済の際に利息がどれだけかかるのかを確認してからの方が良いです。 借りた額をそのまま返すというのはお金を借りる業者ではありえません。 上手に予定を考えてからでないと結構負担になる上に、返済が滞るとすぐに電話が鳴り結構面倒です。 一応、催促の電話は代理の会社がかける場合が多く、はじめの内は優しい口調の場合が多いです。 なるべく早く返済しますと言えば済むケースも多々あります。 とにかくはじめて借りるという場合はなるべく少ない金額で把握する事が大事だと私は思います。

3.いくら借りていくら返すのかの事前シミュレーション

幾ら借りるのか、幾ら必要なのかを明確にしておく事です。 極力無駄に借りる事の無いようにしておいた方が、金利は元金に掛りますので、必要以外の金額は借り入れない方が良いです。 次に月々の返済金額ですが、本当に無理のない金額を設定して下さい。月の支払いが、支払えないので他からまた借りると言う事の無いようにしないといけません。完済までに時間がかかる程、支払う金利も多くなりますので、慎重に決めておいた方が良いです。 最後に返済のシュミレーションを借りる前にチェックしておいた方が良いです。 幾ら借りて毎月幾ら返せば何時支払いが終わって、その時の金利分の金額、総支払金額までキチンとチェックしておいた方が良いです。そうすれば、支払える時はいつもより多く返済したり、金利分を少しでも少なくしようと努力します。 あくまでも無理の無い様にして行けば良いと思います。

4.出来る限り一括や繰り上げ返済を考える

お金を借りるということは、借りなければ足りない状況なのですから、返済するのも大変であることは確かであると思います。1~2万円をほんの一時的に借りて、翌月に1回で返済出来るのであれば良いのですが、毎月の生活費が足りずに借入を繰り返す状況であると、当然少しずつ借入残高が増えていってしまいます。当初は毎月の返済額も1万円からなどで済むものも、残高が増える毎に返済額も増えていくのが普通です。借入残高に対して金利が掛かってきますので、もしも一定の返済額であっても、その金額に占める金利の分が増えていってしまい、なかなか返済に近づけません。 ボーナスなどの一時金が入った際には、出来る限り借入残高の一括返済や繰り上げ返済などをして、リセットを掛けるのが良いと思います。現金を手元に置いておきたい気持ちは理解出来ますが、金利面などを考えると、残高を減らしてしまった方が有利になります。万一足りなくなった際には、その時点で借入した方が良いと思います。少しづつ返済して、また足りなくなったからと借入を繰り返してしまっては、借入残高は減る事なく増え続ける傾向にあります。

5.大きなローンの審査時に影響が出るかも

今後、大きなローン(車や家)を組む予定はありませんか? 今借りたその「履歴」は情報センターに残ってしまいます。 今日借りて明日返してチャラになる借金でも情報センターには数年先まで残ってしまうのです。 履歴があれば大きなローンを組む時に情報の開示をされていまいますので、それがネックでローンが組めないこともあります。 今借金をしたいアナタ、来年以降のライフプランもよく考えてから借りてくださいね。

6.お金の借りるところはしっかりと調べる

お金を初めて借りるから知識が無いからといって、借りるところを適当に選んではいけません。どこでお金を借りるかで大きく変わって来るので、しっかりと考えるといいです。 借りたい金額をちゃんと借りられるのかとか、金利はどれくらいなのかということを細かく調べることが大切です。いくつかお金を借りる候補を見つけて、比較してみたり口コミを調べたりすることも役に立ちます。 お金の問題はとても重要なことなので、後悔の無いようにお金の借りるところを選ぶといいです。初めてなら不安もたくさんあると思いますし、不安が無くなるまで調べて安心出来るところを見つけることが理想です。 情報が少ない人が損をしてしまうので、初めてだからと言い訳をせずに、お金の借り方は考えた方がいいです。

7.返済を意識してお金を借りる

何らかの事情で、これからお金を借りなければならないこともあることでしょう。 その際に気を付けたいのが、お金を借りることと、返すことは一体になっているということです。 どうしてもお金を借りることばかりに集中しがちですが、本当にたいせつなことは借りたお金を計画的に返済して、完済し終えるようにすることです。 仮に返済が滞ると、信用情報に傷が入ってしまうことになるので十分に注意が必要です。 信用情報に傷があると、今後様々な金融機関との関わりで不便をきたします。 お金が必要な時は、とにかくすぐに借りたいという気持ちに支配されがちです。 しかしはたして計画的に完済まで到達できるかということを、事前に十分確かめてからでも遅くないはずです。

エントリーページ一覧

メニュー
クレジットカードでお金を借りる方法
お金を借りる癖のある方の特徴
お金を借りる際には口コミサイトを参考にしよう
銀行でお金を借りる条件とは
嘘をついてお金を借りても大丈夫?
お金はいくらまで借りられるの?
お金を借りる時の言い訳はどうする?

最新おすすめ情報:低金利で即日融資は可能なのか?

即日融資に対応している金融機関はたくさんあります。業者によって、即日融資を受け取るためには何時までに申し込まなければいけないという時間の線引きはされていますが、時間に余裕を持って午前中のうちに申し込むことができるなら、多くの選択肢の中から最も条件が良い所を選んで借りることができます。今すぐにお金が必要な場合には、あまり借り入れ条件などをチェックせずに、とにかく貸してくれる所を探すことが多いのですが、少しでも時間に余裕があるなら、複数の借り入れ商品を比較検討したほうが、より良い条件で借りやすくなります。

一般的に、即日融資に対応している借り入れ商品の場合には、すぐに借りられるというメリットがある反面、金利が少し高めの商品が多いものです。その中でもできるだけ低金利で借りたい場合には、銀行系の借り入れ商品をチェックしてみる方法がおすすめです。銀行の中には、預金口座や貯蓄口座、担保型借入をしている利用者の場合には、低金利で即日融資してもらえることもあります。また、今すぐに借りなくても、あらかじめ申し込みだけしておけば、必要な時に即日で借りられる場合も多いのです。もしも即日融資の可能性があり、できるだけ低金利で借りたい場合には、今すぐに借りる必要がなくても、申し込みだけ済ませておくという方法も良いかもしれません。

借りる金額によっても金利が異なります。一般的には借入金額が大きくなるほど金利は低くなりますが、即日融資の場合には申し込む時間帯によっては即日に借り入れ可能な金額が制限されることも多いため、お得すぎる低金利での借り入れは難しいことが多いようです。

キャンペーンを活用する方法もあります。通常の借り入れはそれほど低金利ではない金融機関でも、無利子の期間がついているキャンペーン中だったりすると、期間内に完済すれば実質的に金利は0%での借り入れが可能です。キャンペーンは随時開催されている所が多いですが、無利子期間がどのぐらいついているかは金融機関ごとに異なっていて、1週間という所もあれば3週間とたっぷりついている所もあります。借り入れの際には、いつ完済できる予定なのかということも念頭に入れて、自分が借り入れる際に最も便利で金利が低くなる方法を選ぶと良いでしょう。

即日融資ができる金融機関の中には、主婦など収入がない人でも借りられる商品もあるので、必要な人はぜひチェックしてみてください。

参考:即日融資おすすめ情報 | 即日にお金を借りる方法まとめ

 
Copyright © 2015 お金を借りるために注意しておきたい7つの項目. All rights reserved