クレジットカードでお金を借りる方法

最近はクレジットカードを使用されている方が、キャッシングでお金を借りる事も多いです。クレジットカードには、キャッシング利用枠とショッピング利用枠がそれぞれ設定されています。その為どちらかを限度額まで利用されていても、もう一方は限度額まで利用ができます。新たに別の信販会社でクレジットカードを作られる際や消費者金融でカードローンの申し込みをされる際には、現在利用されているクレジットカードのキャッシング部分が総量規制の対象となります。総量規制とは、年収の3分の1までしか借入ができない決まりの事を言います。銀行のカードローンなどは、対象外となっています。

急にお金が必要になった場合には、クレジットカードを利用した現金取得方法もあります。しかし、これはクレジットカード会社が定める利用目的では禁止されている方法になります。また利用する際には、悪徳業者などもありますので十分に注意が必要です。この仕組みは、まずショッピング枠で業者から商品を購入します。すると、業者からキャッシュバックと言う名目で、購入代金から手数料などを引いた現金がご自身の口座へ振り込みされます。また、業者によっては購入商品を利用者が質入れした名目でお金を振り込む場合もあります。もちろん利用者であるご自身には、クレジットカード会社への支払いが発生します。

利用される方は、まずショッピングの利用可能額を調べます。それから、各現金化サービス会社のウェブサイトから現金化サービスに申し込みをおこないます。申し込みをおこなうと、現金化サービス会社から本人確認の電話が入ります。その電話で必要な本人確認書類の案内がありますので、書類をFAXや郵送、画像データーなどで送ります。そこから、各社のウェブサイトでオンライン決済をおこなうと、現金化サービス会社がオンライン決済の確認をした後にご自身の指定口座へ振り込みがおこなわれます。後日、現金化サービス会社から購入した商品が届きますので必ず受け取りましょう。この商品を受け取らなければ、違法なキャッシュバックを受けた事になります。質入れ名目で現金振込をおこなっている会社の場合は、商品は送られてきません。

クレジットカードの現金化サービスのメリットは、キャッシング枠より低い利率のショッピング枠の利率を利用して現金を得られる事です。しかし、手数料なども含めてどちらが得になるかは検討が必要でしょう。また、返済方法も分割払いやリボ払いが選べます。さらに、クレジットカードでポイントがつく場合にはポイント分がお得になります。また、総量規制に関係なく利用でき、明細もショッピング枠の利用欄に記載されます。

 
Copyright © 2015 お金を借りるために注意しておきたい7つの項目. All rights reserved